自然あそびのススメpdf(5mb)
スクール代表田中住幸も執筆、「人と自然をつなぐ教育Ⅱ」絶賛発売中
あそベンチャーfacebookページ

スクールコンセプト

<名前の由来>
‘あそび’からはじまる‘大ぼうけん’
大勢の仲間とともに、自然の中であそぶこと、昔はごくあたりまえだったことが、もしかしたら現代っ子達にとっては特別なことなのかもしれません…。あそびながら、楽しく、いつもとは違う空間、体験への大ぼうけん、そこにはきっと新たな発見が待っているはず!


<合言葉>
あそぶときはあそぶ、やるときはやる。
あそぶときは子どももおとな(スタッフ)も全開、全力であそびます。もちろん、準備や後片付け、話を聞くなど、やるべきこともキチッとやります。


<活動のねらい-6つの柱>
●優しい心  …命あるもの全てに対し思いやることのできる優しい心を育てます。
●チームワーク…協調性、コミュニケーション能力を培います。
●自信    …できるかな?やった~できた~!の達成経験を大切にします。
●感謝    …健やかに生きていくことのできる喜びを感じ、感謝の気持ちを育てます。
●創造    …自分達の力であそびを作りだしていく中から創造力を培います。
●健康    …体を動かし、自らの力であそぶことの喜びを感じ、健康への意識を高めます。



あそベンチャースクールの特長

<継続性>

<少人数>

<指導者>

継続は力なり、失敗体験から成功体験へ!
グループでの活動
皆、熱心です。
年間を通して様々な活動を展開しています。繰り返し体験を続けていくことで、体験が経験へ、発見が学びへとつながります。
少人数のグループ(子ども7~8名、指導者1名)での活動が基本となります。グループでおきる様々なドラマは、子ども達の成長の大きな糧となります。
あそベンチャースクールの指導者は、皆、熱心です。子ども達と共に喜び、楽しみ、時には悲しみ、常に真正面から子ども達と向き合っていきたいと考えています。




.